コロナ水際対策の変遷

 

2022年10月、新型コロナウィルスへの感染が疑われる症状がある帰国者・入国者を除き、全ての帰国者・入国者について原則として入国時検査を実施せず、入国後の自宅又は宿泊施設での待機、待機期間中のフォローアップ、公共交通機関不使用等を求めないこととなりました。これに伴い、入管のコロナ特例措置が次々と終了となり、コロナ禍をともに過ごした膨大な資料を少しずつ整理していた矢先、中国からの入国者・帰国者に対する新たな水際対策措置が発表されました。

 

 

2019年末に武漢から来たという方から「中国に帰ることはできるだろうか」との相談を受けた時、コロナウィルス感染症の歴史が始まったと感じています。その日以来、日に日に増えていく新規感染者数を追いかけながら、新規の出入国の可否、帰国できない方からの相談等に対応するため、水際対策、入管特別措置のフォローと整理を日々行ってきました。一部上書きをしてしまったり、削除してしまったものもありますし、リンク先のページがすでに削除されているものもありますが、こうして振り返ると、ある時は一人で頭を抱え、ある時は相談員仲間と「これはどういうこと?」「こういう人だとこれは可能?不可能?」等などと情報を共有しつつ、一日に100件近い相談に対応した怒涛の日々が懐かしく思い出されます。